前へ
次へ

不動産投資をすると得られるメリット

不動産投資をすれば、色々なメリットが得られます。
例えば、相続税を節税することができます。
現金を相続するよりも不動産を相続した方が相続税上は優遇されますので、その分相続税が安くなります。
不動産は、固定資産税評価額や路線価によって評価されます。
これらは時価よりも評価額が下がることが多いため、相続税が優遇されます。
また賃借されている物件であれば、さらに評価額を下げることが可能です。
そのため現金を多額に持っているよりも不動産投資をして現金を不動産にすればそれだけ相続税を安くできるわけです。
また不動産投資は毎月安定した収入が入ってくることから、老後の生活費用に充てることができます。
賃料というのは経済の影響をあまり受けずに済みますので、安定した賃料を受け取ることができます。
賃料が大幅に下がるようなことはないので、老後の貴重な収入源となります。
公的年金と合わせれば、老後はゆとりのある生活を送ることができます。

Page Top